ロゴ2.gif

クライマー・ボルダリングの故障 詳細解説

​ボルダリングの整体院では、さまざまなクライミング傷害に対する最適な施術と、セルフケアのための個別アドバイスをおこなっています

指が痛い

指の痛み

指が痛い・指の関節痛・指の慢性痛・指が曲がらない・指を曲げると痛い・指を伸ばすと痛い・指がねじれると痛い・指が伸ばせない・指が腫れる・指を押すと痛い・ホールドを持つと痛い・・・

ボルダリングでもっとも多いのが指の故障です

残念ながら指の専門家は

非常に少ないのが現状です

 

ボルダリングの整体院にはクライマー特有の急性障害・慢性的痛についての実績があります。これまで数千人のクライマーのお悩みにお応えしてきました。「グーやパーができない」など可動域に問題がある場合のサポートもおこなっています。

指の慢性的炎症の痛みの多くは

ケガではありません

 

指の慢性痛の多くは、長期にわたる疲労の蓄積によって生じた関節・腱・腱鞘・靭帯等の炎症です。その症状は、手のひら/前腕/肩甲骨周辺/腰…など周辺筋肉のコリによって悪化します。筋肉のコリが原因なわけですから、テープで固定したりしても良い結果は得られないことが多いのです。固定することで血流が悪化して、かえって悪循環になるケースもあります。

ただし、「指をひねると痛い」「指がねじれると痛む」といったケースもあります。そのような症状がある場合、繰り返しの同じ負荷による、DIP関節・PIP関節の捻挫を繰り返した結果の痛み、であることもあります。この場合は怪我ですので、あなたの症状がどのタイプであるかにより、対応が変わってきます。

もっとも、多くの患者さんは上記症状がミックスしている方が最も多いです。そのあたりを見極めながら、丁寧な対応をしていくことが重要です。

指をごしごしマッサージしないこと​

指の故障は、指だけにアプローチしても改善しません。むしろ強い指マッサージは炎症を悪化させることも多いのです(例外もありますが、強いマッサージには十分な経験と知識が必要です)。

指の改善には、指が痛くなる原因である<前腕・肩・頸部(首)>の筋肉の過緊張の調整が、最も重要です。さらに周辺の筋肉のコリも取っていき、筋肉の疲労全体をまず減らさなければなりません。

そうすることで関節・腱・腱鞘・靭帯等の疲労が抜けやすくなります。これらの疲労をていねいに取り除いくことで、痛みの原因となる炎症が抑えられてきます。

指の慢性痛に「魔法の施術」はありません

改善にはある程度の期間が必要です

現実問題として、最善の対応をしても指の慢性痛改善には、ある程度時間がかかるのも事実です。また当然のことながら、登りながらよくするのは簡単ではありません。一時的にクライミングを中止したほうが速く改善します。

慢性痛の根本原因が

日常生活にある方は多いです

ただし、意外に思われるかもしれませんが、慢性痛の原因が日常生活にある方も多いのです。睡眠不足・過労・もともとある体のコリ・ストレートネック背骨の歪み・骨盤の歪み…などの影響で改善しない方が非常に多いです。

関節の変形がある場合、年単位のケアが必要なこともあります。ただ、もちろん放っておいては治りませんし、数週間のレストでは改善の実感も得られないことがほとんどです。

そのため、ボルダリングの整体院では「施術+セルフケアのためのコーチング指導」をおこないます。

 

治療院に頼った方法だけで

慢性痛を改善するのはもったいない

 

クライミング活動を含めたあなたの日常全体に故障の原因があるためです。何が原因なのか、何を変えたら良くなるのか。来院のたび日常の取り組みを提案して、ご自身でテストを繰り返していただきます。結果を踏まえて次の提案をします。そのような取り組みをしていただきながら、施術を行います。

ただ、セルフケアだけで改善するのは

非常に難しいのも事実

​一度ご来院されて少し痛みが減ると、それで通院を止めてしまう方がいらっしゃいます。そういう方は結局完治せず、数カ月後にまた来院されます。みなさん根本原因が消えないまま、セルフケアだけでなんとかしようとされて、失敗してしまいます。

指の慢性痛は全身の疲労の問題が根本にありますから、長期的に疲労を減らす取り組みが近道です。セルフケアの難しい背中や肩まわりの筋肉ケアと、臨床経験に基づくその時に必要な最適なセルフケア法の両方が必須です。

登りながら治したい!

 

クライマーなら誰しもそう思います。スポーツを続けながらよくしていくのは難しいものですが、ボルダリングの整体院では週1回程度の通院を前提に「登りながらのプラン」もご提案させていただいております(患者さんの身体の特性や症状によって異なります)。

改善に”魔法”はありません

 

生活習慣による故障だからです。月に1〜2回程度の通院では、「登りながら改善する」のは難しいです(できる場合もあります)。

 

中途半端な対応は

ある程度よくなっても持続しません

中途半端な対応では、ある程度よくなっても持続しません。通院をやめた途端にぶり返し、努力が水の泡になってしまうのです。強くなるため、楽しく登るために、ときには普段とは違った努力がやはり必要です。お互いに協力し合いながら時間を作っていきましょう。

​登りながらの改善には

徹底したセルフケア習慣が必須です

登りながらの改善には、徹底したセルフケア習慣が必須です。施術で改善しやすくなった身体を、次の来院まで維持する必要があるからです。毎日欠かさず正しいセルフケアを続けることが前提です。

ボルダリングの整体院では、あなたに合ったプランをご提案しながら、毎日できるセルフケア法も随時お伝えします。

 

① 施術

② 適切なセルフケア法

③ 日常でできる取り組み指導

これら3つで”ぶり返しのない復帰”

をサポートします!

動画解説もぜひご覧ください
 
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

あなたのための改善プランをご提案

セルフケア法もお伝えします

<施術+あなたのためのセルフケア法+日常の取り組み指導>

これら3つで”ぶり返しのない復帰”をサポートします

 

 

ボルダリングの整体院は

たんなるクライマーのための整体院ではありません

「パフォーマンスアップのための相談所」

でもあります

これまでの膨大なデータをもとに

「もっとも効率よく復帰できる方法」

あなたと一緒に考えます

 

独りで悩まずお気軽にご相談ください! 

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い
653E333E-4732-4B27-AFBB-F389F5990891-4366-0000019C663158D0.jpeg

​いろいろやってもうまく行かないとき、何かを変える必要があります。それをお手伝いするのが私の仕事です。あきらめずご相談ください。

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い