ロゴ2.gif

クライマー・ボルダリングの故障 詳細解説

​ボルダリングの整体院では、さまざまなクライミング傷害に対する最適な施術と、セルフケアのための個別アドバイスをおこなっています

 

手首が痛い・TFCC損傷ほか

写真手首の症状の.jpg
ewdd.jpg

手首が痛い

・・・TFCC損傷・軟骨損傷・腱鞘炎・捻挫・抜けそうな感じ・ひねると痛い

手首が痛いというとすぐに「TFCC損傷」を疑う方が多いですが、本当にTFCC損傷であることはレアケースです。

まず、原因となる筋肉にアプローチし、再発しにくい筋バランスへ調整する必要があります。

手首の痛みの多くは、

 

・ 前腕の筋バランス悪化+繰り返し動作による神経の圧迫

・ 長引く筋肉のコリによる腱・関節等の炎症

・ 腱や靭帯や軟骨の損傷

・・・などが原因であることがわかっています

そのため、筋肉と神経両方にアプローチしていきます。前腕の筋バランスの悪化は首〜肩甲骨まわりの筋肉のコリ、さらには背筋の緊張が原因であることも多いです。そのような観点から、全身のバランス調整もふくめて調整する必要がります。

TFCC損傷などの故障の場合、一定期間(数ヶ月)の固定が必要です。それらに加え、全身の回復力と自然治癒力を上げることが重要です。

登りながらよくしたい

クライマーなら誰しもそう思います。スポーツを続けながらの改善というのは極めて難しいものです。ボルダリングの整体院では週1回程度の通院(患者さんの身体の特性や症状によって異なります)を前提に「登りながら通院するプラン」もご提案させていただいております。

中途半端な治療は

ある程度よくなっても持続しません

さすがに月に1〜2回のご来院で、登りながらよくするのは難しいです(できる場合もありますが)。中途半端では、ある程度よくはなっても持続しません。通院をやめた途端にぶり返し、努力が水の泡になってしまうのです。

 

強くなるため、楽しく登るために、ときには普段とは違った努力がやはり必要です。お互いに協力し合いながら、可能な範囲で結構ですので時間を作っていきましょう。

​登りながらの改善には

徹底したセルフケア習慣が必須です

登りながらの改善には、徹底したセルフケア習慣が必須です。改善しやすくなった身体を、次の来院まで維持する必要があるからです。毎日欠かさず正しいセルフケアを続けることが前提です。

ボルダリングの整体院では、あなたに合ったプランをご提案しながら、毎日できるセルフケア法も随時お伝えします。

 

① 施術

② 適切なセルフケア法

③ 日常でできる取り組み指導

これら3つで”ぶり返しのない復帰”

をサポートします!

動画解説もぜひご覧ください
 
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

あなたのための改善プランをご提案

セルフケア法もお伝えします

<施術+あなたのためのセルフケア法+日常の取り組み指導>

これら3つで”ぶり返しのない復帰”をサポートします

 

 

ボルダリングの整体院は

たんなるクライマーのための整体院ではありません

「パフォーマンスアップのための相談所」

でもあります

これまでの膨大なデータをもとに

「もっとも効率よく復帰できる方法」

あなたと一緒に考えます

 

独りで悩まずお気軽にご相談ください! 

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い
653E333E-4732-4B27-AFBB-F389F5990891-4366-0000019C663158D0.jpeg

​いろいろやってもうまく行かないとき、何かを変える必要があります。それをお手伝いするのが私の仕事です。あきらめずご相談ください。