ロゴ2.gif

クライマー・ボルダリングの故障 詳細解説

​ボルダリングの整体院では、さまざまなクライミング傷害に対する最適な施術と、セルフケアのための個別アドバイスをおこなっています

その他のケガ・回復期

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い

大きな怪我をした方へ​

脱臼・骨折・靭帯損傷といった大きな怪我の場合は、まずは病院等の医療機関でで診断を受け、必要な処置をしてもらうことをお勧めします。

 

ただし、このような大きな怪我の場合、回復期におけるケアの善し悪しによって回復期間が大きく変わります。

また、患部を固定することによる骨格バランスの崩れや可動域の縮小といった二次的問題が必ず起こります。

固定具を外したあと、クライミング復帰までの積極的な対応が、復帰後のパフォーマンスに大きく影響します。

脱臼や骨折をした方の身体は、ケガした部位を「かばう」動作の繰り返しで歪みが大きくなります。それにより腰痛や関節痛が発生して回復を妨げてしまいます。それらの不調を取り除くことでケガ自体の改善にも良い影響が出てきます。

怪我によって起きた循環不良による「むくみ」「しびれ」「力が入らない」「すぐ疲れる」と言った症状も、全身のバランス調整と自律神経アプローチが大切です。

登りながらよくしたい

クライマーなら誰しもそう思います。スポーツを続けながらの改善というのは極めて難しいものです。ボルダリングの整体院では週1回程度の通院(患者さんの身体の特性や症状によって異なります)を前提に「登りながら通院するプラン」もご提案させていただいております。

中途半端な対応は

ある程度よくなっても持続しません

さすがに月に1〜2回のご来院で、登りながらよくするのは難しいです(できる場合もありますが)。中途半端では、ある程度よくはなっても持続しません。通院をやめた途端にぶり返し、努力が水の泡になってしまうのです。

 

強くなるため、楽しく登るために、ときには普段とは違った努力がやはり必要です。お互いに協力し合いながら、可能な範囲で結構ですので時間を作っていきましょう。

​登りながらの改善には

徹底したセルフケア習慣が必須です

登りながらの改善には、徹底したセルフケア習慣が必須です。改善しやすくなった身体を、次の来院まで維持する必要があるからです。毎日欠かさず正しいセルフケアを続けることが前提です。

ボルダリングの整体院では、あなたに合ったプランをご提案しながら、毎日できるセルフケア法も随時お伝えします。

 

① 施術

② 適切なセルフケア法

③ 日常でできる取り組み指導

これら3つで”ぶり返しのない復帰”

をサポートします!

 
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

あなたのための改善プランをご提案

セルフケア法もお伝えします

<施術+あなたのためのセルフケア法+日常の取り組み指導>

これら3つで”ぶり返しのない復帰”をサポートします

 

 

ボルダリングの整体院は

たんなるクライマーのための整体院ではありません

「パフォーマンスアップのための相談所」

でもあります

これまでの膨大なデータをもとに

「もっとも効率よく復帰できる方法」

あなたと一緒に考えます

 

独りで悩まずお気軽にご相談ください! 

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い
653E333E-4732-4B27-AFBB-F389F5990891-4366-0000019C663158D0.jpeg

​いろいろやってもうまく行かないとき、何かを変える必要があります。それをお手伝いするのが私の仕事です。あきらめずご相談ください。