ロゴ2.gif

クライマー・ボルダリングの故障 詳細解説

​ボルダリングの整体院では、さまざまなクライミング傷害に対する最適な施術と、セルフケアのための個別アドバイスをおこなっています

 
 

パキり・腱・腱鞘損傷

指のケガ・パキり
パキり・腱鞘の損傷

パキった!!

指の腱損傷・腱鞘損傷・手のひらの筋損傷・前腕の筋損傷・・・

ここで言うパキリとは、「手指への強い負荷で起きた指・掌・前腕の組織の損傷」を意味し、広い意味でのパキリとお考えください。

指の腱鞘だけを傷めるケースはごく少数で、筋損傷や腱損傷を併発していることが多いのです。

音がしなくてもパキっているケースは

非常に多いです

「音がしなかったからパキリではないと思う」とおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、パキった時に音がするケースは2〜3割にすぎません。

指をパキった場合・傷害の2つのパタン

①痛みが前腕や手のひらにある・・・おもに筋肉の損傷

②痛みが指そのものにある・・・腱・腱鞘・靭帯などの損傷

まず、どちらも一定期間のクライミング中断が大前提となります。軽いクライミングを続けながら”パキリ”を改善することは、できないとお考えください。

登りながら治そうとして失敗した方を多く見てきました。
 

治癒期間が大幅に長期化するだけでなく、治ったあとも指の慢性痛が続きグレードが頭打ちになってしまいます。くれぐれも登りながら”パキリ”を治そうとはお考えにならないでください。

①の場合・・・改善期間は比較的短期(4−7週間)


筋肉にアプローチする施術を行い、早期復帰をサポートしますます。早期の正しい対処は、古傷にしないための「きれいな治癒」にもつながります。また、上腕〜肩甲骨にかけての筋肉の緊張を取り除くことで、治癒力をあげていきます。


②の場合・・・改善期間は比較的長期(8−15週間)
 

①に加え、筋肉と神経両方にアプローチして根本的改善を促します。パキる方の身体は前腕の筋バランスが悪いことが多く、首〜肩甲骨まわりの筋肉のコリ、さらには背筋の緊張が改善を遅らせることも多いです。
 

そのような観点から全身のバランス調整もおこない、古傷にしないための「きれいな治癒」につなげていきます。

パキりの改善は治りかけの対応が最重要!

パキったときは、復帰中”治りかけ”の対応が最も大事です。リハビリクライミングの進め方を間違えると、長期化するだけでなく後遺症や再発に苦しめらる方が多いのです。
 

指のケガは首・肩・背中〜指先にかけて、全体の疲労の結果起こることがほとんどです。長期的に疲労を減らす取り組みが、改善・再発防止のために一番の近道です。

パキりからの復帰に関しても、セルフケアの難しい背中や肩の集中ケアと、これまでの経験に基づく、”その時に必要な最適なセルフケア法”の両方が必須です。

ボルダリングの整体院では、あなたに合ったプランをご来院のたびにご提案しながら、毎日できるセルフケア法を随時お伝えします。

 

<施術+セルフケア法+日常できる取り組み指導>

これら3つで最速での復帰をサポートします
 

ボルダリングの整体院では、リハビリクライミングの進め方もアドバイスさせていただき、早期での復帰と再発防止をサポートします。

動画解説もぜひご覧ください
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

あなたのための改善プランをご提案

セルフケア法もお伝えします

<施術+あなたのためのセルフケア法+日常の取り組み指導>

これら3つで”ぶり返しのない復帰”をサポートします

 

 

ボルダリングの整体院は

たんなるクライマーのための整体院ではありません

「パフォーマンスアップのための相談所」

でもあります

これまでの膨大なデータをもとに

「もっとも効率よく復帰できる方法」

あなたと一緒に考えます

 

独りで悩まずお気軽にご相談ください! 

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い
653E333E-4732-4B27-AFBB-F389F5990891-4366-0000019C663158D0.jpeg

​いろいろやってもうまく行かないとき、何かを変える必要があります。それをお手伝いするのが私の仕事です。あきらめずご相談ください。

ボルダリングの整体院 | 東京・目白 | クライミング | 日本初のクライマー専門整体院 | 腱鞘炎|パキる|首が痛い|指が痛い|肘が痛い|肩が痛い|手首が痛い|腰が痛い