よくなる?近くのお店

ボルダリングの整体院の近所には、美味しいお店や素敵な公園・歴史・芸術を感じる場所がたくさんあります。
院長もまだまだ探検中。
行きたい場所もまだありますが、おすすめの場所をご紹介します。
 
カラダとココロは表裏一体。
 
素敵な場所や美味しいもは、身も心も元気にしてくれます。
時間に余裕があるときは、帰りに立寄ってみてください。
 
「 施 術 + 美 味 し い も の & 素 敵 な 場 所 」
…で、元気になること請け合いです!
​院長の知らない美味しいお店もぜひ教えてくださいね!
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
目白駅
明治18年開業の歴史ある駅。
山手線の駅では、新大久保とともに数少ない”乗り換え路線がない駅”(笑)
駅前に学習院大学や川村学園、少し離れて日本女子大学や上智大学の施設があったり…、教育関係の施設が多くあります。
ただ他に何があるかというと、あまりありません(笑)
まあ、そこが目白のいいところで、新宿と池袋に挟まれていながら不思議な”田舎感”があります。
いまの駅舎は2000年にできました。
それまでは木造の本当にかわいい駅舎で、駅前には”コマース”という昭和感たっぷりの雑居ビルが建っているくらい。
ビルの中もテナントはガラガラで、「本当に都内か?」と思う雰囲気でした。
最近駅前も再開発され、ちょっとおしゃれな感じになってきました。
嬉しいような寂しいような。
カラファテ
東京のクライマーなら必ずお世話になる店。
patagoniaと同じビルの地下一階にあります。
海外の有名クライマーも、来日するとだいたい立ち寄ります。
店内にはリン・ヒル、クリス・シャーマ、イヴォン・シュイナード…、レジェンドたちのサインもあります。
院長も昔ここで働かせてもらってました。
クライミングギアのイロハを、先輩方から叩き込んでもらったものです。
小学生のアシマちゃんが遊びに来たことも(*^^*)
ちっちゃくてかわいかったなぁ。
シューズは100種類位あるのではないでしょうか。
チョークの種類もたくさん。
スタッフの皆さんは、実際に岩場でテストしているので、相談しがいがあります。
レディースのウェアも多数あるので女性にも嬉しい。
ちなみに、カラファテはバックカントリースキーの専門店でもあります。
院長はクライミングもスキーも大好きなので、両方のジャンルで今でもお世話になりっぱなしです。
エントランスのドアの把手が、”ヘキセン”でできていることは意外と知られていないかもしれません。
パタゴニア・アウトレット東京・目白
最強アウトドアブランドの一角 ”patagonia” の日本国内第一号店は、じつは目白でした。
ここから日本のpatagoniaはスタートします。
現在は都内で貴重なアウトレットストア。
オトクな価格で高性能なウェアが見つかるはず。
クライミングショップ・カラファテと同じビルの1階にあって、院長は昔ここでも働かせてもらっていました。
今でもpatagoniaの仲間とはクライミングに行ったり…、本当に素敵なスタッフばかりのお店です。
patagonia目白ストアとカラファテは同じ年にオープンし、もう30年を超える歴史があります。
patagoniaの創業者は、天才クライマーのイヴォン・シュイナード。
ヨセミテ草創期、自らナチュラルプロテクションを開発して名ルートを多数開拓しました。
ピトンを始めとしたクライミングギア、アイスクライミングの歴史の一部は、彼とともにあると言ってもいいかもしれません。
patagoniaとカラファテ。
ぜひ両方立ち寄って、素敵なギアをゲットしてください。
ノボロック池袋店
目白のとなり、池袋駅から至近のジムです。
ボルダリングの整体院からも歩いて15分ほどで行けます。
料金がおトクで初心者にも優しいので、初めての友だちと行くのにも良いジムです。
ジム帰りに飲む場所は池袋駅へ行く途中にいくらでもあります(笑)
エナジー高田馬場店
目白のとなり、高田馬場駅から至近のジムです。
ボルダリングの整体院からも歩いて12〜3分で行けます。
浦和が本店ですが、こちらもけっこう昔からあります。
壁が黒くてちょっと硬派な感じ。
いろいろな課題があって、外岩好きの方も満足できるはず。
近所には美味しいラーメン店や焼き鳥屋さんが多く、誘惑がきついです(笑)
学習院大学
目白駅前にあります。
都心の駅前にありながら、中には大きな森や池もあってお散歩にも良いです。
起源は江戸末期の公家の教育機関「学習所」にさかのぼり、戦後国立大学から私立に変わりました。
歴史のある校舎が今でも残っており、文化財に指定されているものも多数あります。
学習院大学山岳部OBには明治時代、日本山岳会の創立に関わった錚々たるクライマーが名を連ねます。
1925年、慶応大学の槙有恒らと初登頂したカナダのアルバータ峰はその一つ。
院長もここで学生時代の4年間を過ごしました。
キャンパスの中央には、かつてピラミッド型の校舎”ピラ校”がありました。
大学祭の夜になると、山岳系の部活の部員がこの”ピラ校”をクライミングし、登頂するのが恒例でした。
警備員に捕まり始末書を書かされたものです(笑)
…もうその校舎はありません。
丸長
目白の名店。
つけそばのお店です。
いつも並んでいます。
日祝休業!営業時間11時〜15時!要注意(笑)
甘酸っぱくてちょっと辛みのあるスープ。
その中に、刻んだチャーシューや野菜がたっぷり入っています。
ツルツルの麺がいちばんの特徴かもしれません。
普通盛りでも、割りスープをもらって飲み干せばけっこうお腹いっぱいになります。
女性客が多いのも特徴的。
あまり油っぽくないのと、お店の方がほぼ全員女性だからかもしれません。
院長はどちらかと言うと、家系ラーメンのようなこってり系が好きですが、たまに丸長に行くと「毎日食べるならこういうほうがいいな」と、いつも思います(笑)。
田中屋
目白駅近くの酒屋です。地下にあります。
とにかく種類がすごい。
ウィスキー好きには知らない人がいない店らしいのですが、クラフトビールやワインも超豊富。
日本酒もかなりあります。
学生時代、ここでお酒を買って部室で朝まで飲んだものです(笑)
昔はこの上が喫茶田中屋というカフェで、秋篠宮さまと紀子さんがデートでいらしていたそうです。
志むら
目白に昔からある和菓子屋さん。
2階が和カフェになっていて、色々なスイーツがいただけます。
夏はかき氷が人気です。
崖のような生いちごがけはインパクト大。
暑い日にぜひ。
エーグル・ドゥース
いつも行列が絶えないケーキ屋さんです。
ボルダリングの整体院のすぐ近くにあります。
お店自体がとっても素敵で、高級な感じ。
ちゃんとしたケーキを食べたい方はぜひ。
プァンタイ
目白通りからカラファテに行くとき、交差点を曲がったところにあるタイ料理屋さん。
たぶん、店員さんは全員タイの方。
カラファテ時代、ここのお弁当をよく買いました。
盛りがよく味もけっこう本格的。
大盛りにするとけっこうヤバい(笑)
でもランチなら、1000円以下でミニサラダとスイーツとスープ付き。
夜ご飯を食べながら、タイビールを飲むのもいいですね。
レフティー
カラファテ至近、野菜たっぷり・おかずたっぷりのメニューで人気のカフェです。
美味しいソースが掛かったオムライスはサイズが選べて、誰でも満腹になれます。
付け合わせのサラダは色んな野菜が混ざっていて、食べごたえあり。
夜はお酒も飲めます。
マックスキャロット
学習院生御用達のレストラン。
パスタやカレーや、色々お腹いっぱいになるメニューがあります。
定番のメニューが多いのですが、ちょっと普通と違う具が入っていたり、ちょっと味付けが変わっていたりして、すべて”キャロット風”と言う感じ。
独特なお店です。
店内にグランドピアノがあって、夜は演奏されるときもあったりなかったり。
学生時代、お金に余裕があるときや女の子がいるときなど…ちょっと背伸びして入った気がします(笑)
目白庭園
目白駅から池袋方面へ細い道を少し歩くと、塀に囲まれた目白庭園があります。
区営なので誰でも無料で入場できます。
中には大きな池を囲む素敵なお庭が広がっていて、お弁当を食べるのに丁度いいです。
そば車
目白駅至近の立ちそば屋さん。
なんということはないのですが、わりと美味しい気がします。
昔は駅のホームにそば屋さんがあったのですが、今はありません。
鬼子母神
国指定重要文化財の立派なお堂。
神社っぽいのですが、法明寺という近所のお寺の”お堂”が独立して崇められているようです。
目白からほど近い”雑司が谷”エリアにあります。
参道には樹齢400年の美しいケヤキ並木があり、境内の稲荷神社には真っ赤な鳥居が立ち並んでいます。
大イチョウは樹齢700年と言われる巨木。
このあたりは、昭和の雰囲気が今も残っている面白いエリアです。
神社でレベルアップのお参りをしてから、のんびりお散歩がおすすめです。
ホテル椿山荘・東京
ラグジュアリーホテルの椿山荘。
この場所は、長州藩士でから陸軍大将・総理大臣他多数を歴任した、山縣有朋の邸宅の跡地。
西南戦争での功績で与えられた740円をもとに、この地を購入したといいます。
スケールデカすぎ(笑)
山縣有朋が作庭したと言われる広大な庭園は一般に公開され、誰でも見ることができます。
ホテル内のロビーラウンジ”ル・ジャルダン”は、庭園を眺めながらお茶がいただける素敵な場所。
ちょっと高いコーヒーですが、おかわりできるので時間があるときにおすすめです。
福の湯
ボルダリングの整体院から一番近い銭湯です。
昔の建物を改築しながら使っているので、色んな要素が混じっていて不思議な空間です。
銭湯で温まって筋肉を緩ませましょう!
おとめ山公園
目白から高田馬場への自然の地形を生かした、素敵な公園です。
このあたりは江戸時代、将軍家の鷹狩や猪狩などの狩猟場でした。
立ち入り禁止の意味で「御留山」と呼ばれていたそうです。
湧き水もありホタルが見られるという噂も。
東京カテドラル聖マリア大聖堂
たぶん日本の建築家で世界一有名な、故・丹下健三の代表作の一つ。
世界中の大聖堂の例に漏れず、この建物も上空から見ると十字になっています。
内部は打放しコンクリートの静謐な空間で、十字に開けられた天窓から光が差し込んで崇高な空気が漂います。
50年以上前の建築には見えないアルミとコンクリートの建築。
築10年です、と言われても疑う人は少ないだろうと思います。
現代建築で宗教性をどう表現するか?
その答えの一つがここにあるのかもしれません。
佐伯祐三アトリエ記念館
戦前活躍した画家、佐伯祐三。
ほとんどをフランスで過ごしたようですが、日本で活動した数年間をここで活動しています。
作品の展示はありませんが、アトリエがそのまま残っていて貴重です。
北向きの採光窓がアトリエらしさを感じさせます。
ちなみに戦前池袋周辺は、”池袋モンパルナス”と言われるほど芸術家が集まっていました。
佐伯祐三は池袋モンパルナスとは時代が異なりますが、芸術に打ち込むのに良い環境があったのかもしれません。
徳川黎明館
目白駅の近くには、尾張徳川家の邸宅があったエリアがあります。
その跡地はいま”徳川ビレッジ”と呼ばれる高級住宅地になっていますが、その一角にこの黎明館があります。
立派な石積みの塀に囲まれた重厚な建物です。
このあたりは少し日本離れしていて、散歩するとちょっと海外に来たような気分になります。
雑司が谷の弦巻通り商店街
昭和にタイムスリップ。
いまはお店も減ってしまいましたが、それでもまだまだ頑張っています。
コダマベーカリーや、雑二ストアーなどがある辺りは探検気分で楽しいです。
新しいお店もちょっとずつできています。
旅猫雑貨店
雑司が谷の弦巻通り商店街にある小さな雑貨屋さん。
日本全国から集めた、素敵な雑貨が所狭しと並んでいます。
店構えもかわいいです。
このあたりは昭和の商店街。
懐かしい雰囲気で、路地を歩くと楽しいです。
Show More

© 2016 by ボルダリングの整体院. Proudly created with Wix.com